HOME > 改正FIT法対応みなし事業認定について

改正FIT法対応みなし事業認定について

平成29年4月1日から、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)が新しくなりました。 新制度では、電力会社と系統接続について同意を得ていることが認定の要件となります。 また、認定を取得した後も、適切な保守点検及び維持管理の実施や発電終了時の設備の適切な廃棄、資源エネルギー庁が定める事業計画策定ガイドラインに沿った事業の実施などの義務が課され、長期安定的に発電事業を実施していただくことが求められます。 これは、平成28年度までに認定を受けていた設備設置者(売電開始済みの場合も含む)にも適用され、上記のことをご認識いただき、適切に発電を行っていただくことが求められます。 このため、平成28年度までに認定を受けていた設備設置者におかれましては、電力会社との系統接続に関することや保守点検及び維持管理等に関する遵守事項への同意チェックを記載いただいた事業計画を提出する必要があります。

改正FITみなし認定   

みなし認定とは?

平成28年度までに旧制度での認定を受け、新制度での認定を受けたものとみなされる場合、この「受けたものとみなされる」認定を、新制度での新規認定と区別するために、「みなし認定」といいます。 またこの場合に、新制度での認定を受けたものとみなされた者を「みなし認定事業者」といいます。

みなし認定の対象者は
改正FITみなし認定
みなし認定の流れ
改正FITみなし認定

設備IDごとに、接続契約締結日、買取契約締結先、買取価格、設備を設置する敷地面積、太陽電池の 合計出力(太陽光のみ)、遵守事項への同意、接続契約を証する書類(運転開始前の案件のみ添付)等

※みなし認定には原則としてメールアドレスが必要です。(携帯のメールアドレスは不可)
メールアドレスがない場合、紙申請となりますので、別途ご相談ください。

いつまでに提出が必要ですか?

改正FITみなし認定

詳細についてはここをクリック

太陽光発電所オーナーに発生する3つの義務

義務その1

メンテナンスの計画の作成(住宅用・産業用共)※(みなし認定は提出不要)
・保守点検及び維持管理スケジュール
・保守点検及び維持管理の人員配置・体制計画
・保守点検及び維持管理の範囲
・保守点検及び維持管理の方法
・保守点検及び維持管理時の安全対策
・保守点検及び維持管理結果の記録方法 等
最低限上記6項目が必要です。
具体的なメンテナンスの内容、頻度については「民間のガイドラインが基準」になります。

義務その2

地上設置の太陽光発電所は、事故防止発電所への侵入防止などの目的でフェンスの設置が義務づけられました。(屋根設置は不要)


金網
〔例外〕
 ・設置先が塀に囲まれた庭などの場合。
 ・河川や崖に面した場所で第三者が容易に近づけない場合。
 ・ソーラーシェアリングなどを実施し、営農上支障が生じる場合。
  (ただし、発電設備があることを注意喚起させる標識を別途掲示する必要有り)

義務その3

20kw以上の地上設置の太陽光発電所では標識(看板)の設置も義務図蹴られました。(20kw未満及び、屋根設置は不要)

※設置は、外部からよく見える場所に設置する事。
〔大きさ〕
 縦25cm、横35cm以上。
〔素材〕
 雨風に劣化・風化しないような素材や加工を施したもの。
〔記載事項〕
標識

金網標識

お気軽にお問い合わせください
サンライズのホームページをご覧いただきありがとうございます。太陽光発電や注文住宅に関する、ご質問やご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。(本社)Tel:0799-60-3280 / (広島支社)Tel:084-932-7530

サンライズ株式会社 サイトマップ プライバシーポリシー お問い合わせはこちらまで 0120-418-498 メールでのお問い合わせ