サンライズの注文住宅
HOME > サンライズの注文住宅 > 工法のご紹介

工法のご紹介

当社の注文住宅は、お客様のこだわりやライフスタイルを反映させながらも、やはり末永く快適に過ごしていただくために、様々な工法を用いてお造りします。熟練した職人がお客様の理想の家づくりに最適な工法を使用し、安心で快適な家づくりを実現します。

外壁二重壁工法

外壁二重壁工法土台、柱、梁、桁、筋違い(筋交い)で家の骨組みを造るという、日本では一番オーソドックスな木造軸組み工法があります。外壁二重壁工法とは、その木造軸組み工法に加えて、耐力壁に構造用合板(9mm)を併用することで、さらに構造強度を増強させる工法です。建物を面で支えることによって、地震や災害に強い、安心・安全で強靭な住まいを作ることができます。

基礎パッキン工法

基礎パッキン工法基礎パッキン工法とは、基礎コンクリートと土台の間に、基礎パッキン(図の黒い物体)を1メートル間隔ごとに挟みこんでいくという床下換気工法です。これによって基礎と土台の間に隙間ができ、空気の通りがよくなります。従来では、基礎コンクリートに床下換気用に通気口を開けたりしていましたが、この工法にすることでその必要はなくなり基礎工事部分の強度が損なわれることはありません。また、土台と基礎コンクリートが直接接していないため土台の耐久性も向上します。

剛床工法

剛床工法剛床工法とは、梁に根太堀りを施し、根太を落とし込んでいき、その上に構造用パネルを敷き詰めることで、建物の水平力を飛躍的に向上させる工法です。地震や、強風などの風による外力で、建物には水平力だけでなく様々な力がかかります。剛床工法を用いている場合には、構造用パネルを梁に打ち付けて床材を施工しているので、とてもしっかりとしており、ねじれを防いでくれます。

お気軽にお問い合わせください
サンライズのホームページをご覧いただきありがとうございます。太陽光発電や注文住宅に関する、ご質問やご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。(本社)Tel:0799-60-3280 / (広島支社)Tel:084-932-7530

サンライズ株式会社 サイトマップ プライバシーポリシー お問い合わせはこちらまで 0120-418-498 メールでのお問い合わせ