太陽光発電システム
HOME > 太陽光発電システム > 設置条件と出力規模

設置条件と出力規模

太陽光発電は、地域や季節、設置した方位などによって得られる発電電力量が異なります。
ここでは一般的に設置条件と出力規模についてご説明致します。

設置に適した条件

太陽光エネルギーを電力に変換する「太陽電池モジュール」を設置する場合、最も日射量の多い「真南」が理想的ですが、東西面に設置しても高い効果が望めます。南面を100%とした場合、南東・南西では約96%、真東・真西でも約85%を確保できます。 また、屋根の傾斜については「30度」前後が理想的ですが、「30度」を100%とした場合「20度」でも約98%を確保できます。

設置に適した条件

出力規模

出力規模一般的なご家庭での年間消費電力量は約4.500kw。これは4kwシステムの設置でほぼまかなう事が可能です。太陽光発電は梅雨の季節や冬でも1年を通じて発電するので、日射量の異なる各地でもほぼ安定した電力が得られます。

お気軽にお問い合わせください
サンライズのホームページをご覧いただきありがとうございます。太陽光発電や注文住宅に関する、ご質問やご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。(本社)Tel:0799-60-3280 / (広島支社)Tel:084-932-7530

サンライズ株式会社 サイトマップ プライバシーポリシー お問い合わせはこちらまで 0120-418-498 メールでのお問い合わせ